メラックスeye(アイ)のルテイン含有量や不足すると目への影響は? 

↓今すぐやわたのメラックスeye(アイ)を公式HPでチェックするなら↓

コスパ抜群のサプリです!

パソコンを使用する時間が多い方や絶えずスマホを見る習慣のある方は、視力が急激に落ちたり何だかぼやけてみえることがありませんか?

最近は老眼という年齢でもないのに見え方に違和感があったり視力が低下する人が増えているという事です。

これはパソコンやスマホから発せられるブルーライトなど強い光が目に影響を与えていることが原因と言われます。

でも仕事でパソコンを扱う必要があったり、簡単にスマホを使わない生活に切り変えるのも大変ですよね。

そんな方におススメなのが、強い光から目を保護してくれるルテインという成分を配合した「メラックスeye(アイ)」

でもルテインってどんな効果があるのか良く知らないから詳しくしりたい!

不足すると目にどんな悪影響があるの?

 

そこで今回は視力低下や目の見え方に違和感のある方なら誰もが気になる

『メラックスeye(アイ)のルテイン含有量や不足すると目への影響は?』

についてお伝えしていきます。

メラックスeye(アイ)のルテイン含有量は?

メラックスeye(アイ) ルテイン含有量

◇メラックスeye(アイ)には1粒(1日分)あたり25mgのルテインが配合!

まずはメラックスアイの商品説明をみてみましょう。

以下は販売元「やわた」公式ホームページでのメラックスアイの説明です。

  • 「メラックスeye」は、機能性表示食品として消費者庁に届出を受理されました
  • 機能性表示食品「メラックスeye」にはルテインが含まれます
  • ルテインには、目の黄斑部の色素量を維持する働きがあり
  • ブルーライトなど光の刺激からの保護やぼやけやかすみの解消(コントラスト感度の改善)によって目の働きを整える機能があることが報告されています

以上のように、メラックスeyeはルテインという成分で目を保護する効果があるサプリメントということですね。

ここに書かれている機能性表示食品とは、

「事業者の責任で科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届けられた食品」(消費者庁)です。

特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品とは違う、食品の「機能性」を表示することをきちんと届け出を行っている製品です。

商品にどういった機能性があるのかかかれていたり、消費者庁のウェブサイトでも情報が公開されているので信頼度が高いですね。

ちなみに、消費者庁へのメラックスeyeの届け出内容は以下で確認できますよ。

https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=41904010950401

この強い光から目を保護してくれるルテインが、メラックスeyeには1粒(1日分)あたり25mgも含有されています。

これはルテイン製品の中では含有量がかなり多く、理想的には1日に6mg以上、できれば10mgルテインを摂取するのが理想と言われます。

ルテインが1日に25mgも摂取できるというのはかなり豊富な摂取量という事ですね。

ブルーライトなどから目を守るだけでなく、加齢黄斑変性症や白内障の予防としてもルテインは注目されていますよ。

やわたのメラックスeye(アイ)の特徴・価格を公式HPでチェック↓

メラックスeyeアイ

メラックスeye(アイ)が不足すると目への影響は?

メラックスeye(アイ) ルテイン含有量

◇ブルーライト等から目を保護するルテインが不足するとぼやけやかすみ・眼病の恐れが

ルテインが不足すると、具体的に目にどんな影響があるのでしょうか。

ルテインがあることによって、色がぼやけないようコントラスト感度を改善し目のぼやけやかすみを調整してくれています。

(コントラスト感度=色の濃淡を認識する力)

乱反射したブルーライトをルテインが吸収してくれ、ぼやけを防いでくれるのです。

つまりこのルテインが不足すると、目にかすみやぼやけの症状がでたりブルーライトなど自然界にはあまり見られない人口の強い光が目の奥に達しますね。

目の奥にある黄斑部は視覚機能に重要な役割がありルテインが多く存在するのですが、強い光を吸収したルテインが減少すると保護されなくなります。

ルテインはもともと体内に存在していますが、体内生産はされない成分です。

その為、ルテインを積極的に摂取しないままブルーライトなどを浴び続けると目にトラブルが起きるのですね。

ぼやけやかすみもそうしたトラブルの一つです。

また加齢によって増える黄斑変性症や白内障などの眼病の一員はルテインの減少と言われますから、若い方でもパソコンなど使う方は注意が必要ですよ。

まとめとして

ルテインは自然界のホウレンソウなど緑黄色野菜に含まれる色素で、前述のとおり新たに体内で作り出せない成分です。

ルテインを6㎎摂取するにはホウレンソウをサラダボウル5杯分必要ともいわれますので、メラックスeyeの含有量のすごさが分かります。

眼病の予防や目の保護のためには早めの対策が必要ですから、是非メラックスeyeの効果を試してみて下さいね。

メラックスeye(アイ)の公式HPや詳しい記事はこちらより↓

メラックスeye(アイ)の口コミ評判や副作用は?価格や最安値での購入方法をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です