メラックスeye(アイ)は目のぼやけやかすみに効く?コントラスト感度って?

↓今すぐやわたのメラックスeye(アイ)を公式HPでチェックするなら↓

コスパ抜群のサプリです!

パソコン・スマホの見過ぎや加齢による目のぼやけかすみ

最近は若い人や小さな子供も目の悩みを抱える例が増えているということです。

目がぼやける、かすんで見えるというのは、目の中で何が起きているのでしょうか?

加齢やブルーライトの何が目の悩みの原因として挙げられます。

 

話題のアイケアサプリ、メラックスeye(アイ)は目のコントラスト感度というものを良くし、

ぼやけかすみを改善してくれるって本当?と色々と気になってきます。

そこで今回の記事ではメラックスアイに関する

メラックスeye(アイ)は目のぼやけかすみに効く?コントラスト感度って?

について調べてみました!

メラックスeye(アイ)は目のぼやけやかすみに効く?

メラックスeyeアイ 目 ぼやけ かすみ

◇メラックスeye(アイ)のルテインがぼやけやかすみを解消!

目の悩みを抱える人が、最近アントシアニン以上に注目しているのがルテインという天然色素です。

このルテインが目の悩みを解消するということで、一粒のルテイン配合量が業界トップクラスのサプリ、メラックスアイが注目を浴びています。

このメラックスeye(アイ)、目のぼやけやかすみにも効くということですが、具体的にはどのように効くのでしょうか?

メラックスeye(アイ)に含まれる成分のルテインは、目の奥の黄斑部というところの色素量を維持します。

そして、目の奥まで届いてしまう強いエネルギーの光であるブルーライト等の刺激から目を保護します。

そもそも目がかすむ・ぼやけるという状態は、次のような3つの理由が考えられます。

  1. ピントを合わせる毛様体筋が疲労し、ピントが合わなくなってしまう

  2. 加齢により水晶体の弾力がなくなり毛様体筋が弱まりピントが合わない

  3. 目の奥の黄斑部が強い光でダメージを受けコントラスト感度が低下し色の濃淡が不鮮明になり見えにくくなる

このうち、特に③について効果を発揮するのがメラックスeye(アイ)です。

メラックスeye(アイ)に含まれるルテインが、目のコントラスト感度を改善し、更にブルーライトの刺激を吸収することで目を守ってくれるのです。

しかし、ルテインは体内で生成できず、光を吸収するとどんどん減少してしまうので、ブルーライトに接する機会が多い人ほど補給する必要があるのです。

そのため、メラックスeye(アイ)といったルテインが高配合のサプリメントが脚光をあびているんですね。

やわたのメラックスeye(アイ)の特徴・価格を公式HPでチェック↓

メラックスeyeアイ

目のコントラスト感度って?

メラックスeyeアイ 目 ぼやけ かすみ

コントラスト感度とは、色の濃淡を認識する力のこと!

では先ほど出てきた、ルテインが改善してくれる「コントラスト感度」とは何なのでしょう。

コントラスト感度とは、色の濃淡を認識する力、目に入るモノの明るさと背景の明るさの対比が分かる力のことです。

目が見えにくいという人の中でも、遠くの物も近くの物もボヤけて見えるという人は、このコントラスト感度が低下している可能性があります。

視力は悪くないのにぼやけてみえる、という方も、コントラスト感度が落ちていることが考えられます。

コントラスト感度が正常だと、視界の色彩の濃淡がはっきり見えます。

コントラスト感度が低下した場合、全体的に色の濃淡がはっきりみえず、背景との違いも分かりにくく鮮明に見えなくなるのです。

色が良くわからなかったら、たとえば極端に言えば白黒のテレビのような視界だったら、カラー映像に比べてモノや人の判別が出来にくいですよね。

また霧の中を車で走るときもコントラストが低いということです。

コントラスト感度が低いというのは、視界にそういった状態がおきているということです。

目は起きている間中使うものですから、これが続けば日常生活が不便ですよね。

黄斑部が強い光によるダメージを重ねることでコントラスト感度が低下するといわれ、また光の乱反射によってもコントラスト感度が低下します。

 

メラックスeye(アイ)のルテインは黄斑部でブルーライトなど強い光を吸収し、光の乱反射を減らしつつ黄斑部を守ってくれるのです。

目を酷使せざるを得ない生活の方には、頼もしい栄養素ですね。

まとめとして

この頼もしい栄養素のルテインですが、緑黄色野菜にも含まれる天然色素です。

ただメラックスeye(アイ)一粒(1日分)のルテインは25㎎で、この量を摂取しようと思うとニンジンなら約60本、ブロッコリーなら約3個!

これだけの量を毎日食事だけでとるのは大変ですから、メラックスeye(アイ)が注目される理由が分かりますね。

是非メラックスeye(アイ)を利用して、大切な目を守って頂きたいです。

メラックスeye(アイ)の公式HPや詳しい記事はこちらより↓

メラックスeye(アイ)の口コミ評判や副作用は?価格や最安値での購入方法をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です