メラックスeye(アイ)のブルーライト対策の仕組みや日常での対策は?

↓今すぐやわたのメラックスeye(アイ)を公式HPでチェックするなら↓

コスパ抜群のサプリです!

最近ドラッグストアのサプリメントコーナーが充実してきていますね!

薬が並ぶ横で、一棚全てずらっとサプリメント、というお店が増えています。

それだけ現代人が健康を意識するようになってきている結果がしっかり反映されている結果になっています。

そんな数あるサプリメントの中で、最近大量においてあるのが「ルテイン」サプリや目の悩みを改善するサプリ。

しかもどうやら老眼の人向けだけではなく、パッケージのデザインからみても若者にも手に取りやすいようなものになっているようです。

これだけパソコンやスマホ、テレビなどを見る時間が増えた生活なら、目の悩みを抱える人もかなり増えているでしょうね。

中でも電子機器からでるブルーライトの目への影響は気になるところです。

ブルーライトで目の悩みを抱えないためにはどうしたらよいのでしょうか?

また目に良いとされるルテイン含有量が優れている話題のサプリ、メラックスeye(アイ)はブルーライトから目を保護してくれるのか?

そこで今回はメラックスeye(アイ)に関する

メラックスeye(アイ)のブルーライト対策の仕組みや日常での対策は?

についてフォーカスしてみました!

メラックスeye(アイ)のブルーライト保護の仕組みは?

メラックスeye(アイ)のブルーライト保護

◇メラックスeye(アイ)のルテインが光刺激を吸収し目を守る!

目のためのサプリメントの中で話題なのが、メラックスeye(アイ)というサプリメントです。

ルテインという成分が他の商品よりも1粒あたりの含有量が高く、それが業界内でも高評価となっているのです。

このルテインが多いほど目に良いと言われるのですが、特にブルーライト対策になるのだとか。

どういう仕組みなのかというと。

人の目の奥の黄斑部というところには元々ルテインが多く存在しており、そのルテインがブルーライトなど強い光を吸収し目を守っています。

モノを見るという作業に必要な黄斑部の色素量を維持したり、ブルーライトのような目の奥まで届く強力な光の刺激から守ります。

 

更にブルーライトの光の乱反射をルテインが吸収することで、色の濃淡を読み取る力(コントラスト感度)を改善し、ぼやけやかすみが改善されます。

ただ、ルテインは光刺激によってもどんどん減っていきますし、年齢や喫煙によっても減少していきます。

しかも、ルテインは緑黄色野菜に多く含まれる天然色素の一つで、体内で生成することができません。

近年のように強いブルーライトに一日中さらされる環境では、食事だけから目を守るのに必要な量のルテインを摂取するのが難しくなっているのです。

その為、目を酷使する若者にも、サプリでルテインを積極的に採ることがブルーライトから目を守るには必要なツールとなっています。

やわたのメラックスeye(アイ)の特徴・価格を公式HPでチェック↓

メラックスeyeアイ

ブルーライト保護の日常での対策は?

メラックスeye(アイ)のブルーライト保護

◇サプリでの対策とともに画面のブルーライトフィルターや対策メガネも!

ではブルーライトから目を守るにはサプリメント以外にはどんな対策があるのでしょうか?

 

よく知られているのはブルーライト対策メガネですね!

パソコンやスマホのブルーライトを遮断してくれるメガネなのですが、これをかけていれば移動先、外出先でもブルーライトから目を守れるので便利です。

ただ、メガネによってはブルーライトカット対策メガネだと見える色味がやや変わるので不快という人もいますから、店頭で体験してみるといいですね。

 

次に、よく使うパソコンの画面設定を変える方法です。

パソコンの多くには夜の眠りを妨げるブルーライトをカットするモードに設定できるようになっています。

例えば一日のうち夜9時~朝の5時までは「夜間モード」というブルーライトを下げて赤っぽい暖かな光のモードに自動で切り替わるように設定できます。

これにより、眠る前の時間をブルーライトの刺激で邪魔されず過ごすことができ安眠にもつながりますよ。

一日のうち、一定時間ブルーライトの光を避けて目を休ませたい、でもパソコンからは離れることができない、という方にはお勧めです。

ただ、このモードだと画面全体が赤っぽくなり、気になって集中できない人もいたり、色を使うクリエイターなどは仕事に影響もあるかもしれません。

そういう方は、パソコンのディスプレイの明るさを下げるだけでも違います。多少画面が暗くはなりますが、光の刺激はやわらぎ、色もあまり変わりません。

その他には、スマホが手放せない人であれば、ブルーライトを軽減するアプリがありますので、そちらを利用すれば手軽にブルーライトカットできます。

 

こうした対策をして、なお目の悩みが心配だという方は、是非ルテイン豊富なメラックスeye(アイ)などサプリを積極的にとりましょう。

まとめとして

メラックスeye(アイ)はドラッグストアなど市販されてはいませんが、メーカーである八幡物産(やわた)のホームページで購入できます。

ブルーライトを完全に生活から排除することは無理ですが、メラックスeye(アイ)を摂取していれば、そうでない人に比べ目の負担はかなり軽減されます。

他人と差をつけたいあなたにもおすすめですよ。

1日一粒で25㎎もルテインが摂取できますから、是非試してみて下さいね!

メラックスeye(アイ)の公式HPや詳しい記事はこちらより↓

メラックスeye(アイ)の口コミ評判や副作用は?価格や最安値での購入方法をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です