メラックスeye(アイ)の1日摂取量や飲み方は?視力はよくなるの

↓今すぐやわたのメラックスeye(アイ)を公式HPでチェックするなら↓

コスパ抜群のサプリです!

疲れ目や目のかすみ・ぼやけに悩む方に人気のアイケアサプリ、メラックスeye(アイ)

加齢だけではなく、パソコンやスマホによる目の酷使からくる悩みに効くと人気となっています。

目薬等とは違って飲むことで目のトラブルを改善するという画期的なサプリメント。

 

1日にどれくらい飲めば効果が期待できるのでしょうか?

また、このサプリメントを飲めば、視力は良くなるの?

お医者様が出す目薬などとは違うものだし、口にするものなので色々と気になってきます。

できるだけ詳しい情報を知ってからチョイスしたいところですね。

そこで今回はメラックスアイに関する

メラックスeye(アイ)の1日摂取量や飲み方は?視力はよくなるの?

についてフォーカスしてみました!

メラックスeye(アイ)の1日摂取量や飲み方は?

メラックスeye アイ 1日摂取量

◇メラックスeye(アイ)の摂取量は一日1粒、いつ飲んでもOK!

サプリメントというと、十分効果があるように摂取しようと思ったら結構たくさん飲まないといけないものも多いです。

高いサプリを買ったのに、よく説明を読んだら「一日3回、一回に3粒」とか、意外にすぐ消費してしまったりします。

これでは効果が得られるまで続けるには意欲もお財布も持ちませんね。

その点、メラックスeye(アイ)は1日1粒でOK!

しかも、一日のうちいつ飲んでもいいです。

 

またサプリなので飲み合わせ、食べ合わせを気にせず飲めます。

(持病のある人は、念のためお医者さんに薬との飲み合わせを確認しましょう。)

お水かお湯で一日1粒のむだけ。

目の悩みを改善するルテインが1粒当たり業界トップクラスの25㎎も入っているので、この摂取量でいいのですね。

口コミによると、短期間の摂取では効果を得られにくく、最低1か月~数か月は飲み続けることで徐々にはっきりした効果を感じるようになります。

寝る前に歯磨きをするところに置いておき飲んでもいいし、食卓に置いておき朝ごはんの時に飲んでもOKですね。

もちろん、パソコンを使う仕事の方なら、デスクに置いておき夕方目が疲れてショボショボしてきた頃に休憩がてら飲んでも、業務効率が上がりそうです。

ご自分の好きなタイミングで召しあがって下さいね!

やわたのメラックスeye(アイ)の特徴・価格を公式HPでチェック↓

メラックスeyeアイ

メラックスeye(アイ)の摂取で視力はよくなるの?

メラックスeye アイ 1日摂取量

◇必ず視力がよくなるとは言えないが、視力低下は防止!

ではメラックスeye(アイ)を飲むと果たして視力はよくなるのか?という疑問について調べてみたいと思います。

そもそも、視力低下が起こる一因としては

  • 目を酷使することで目のピントを合わせる毛様体筋が疲れ(眼精疲労)、ピントを近くのモノにしか合わせることができなくなる
  • ブルーライト(エネルギーが強い光なので網膜まで達してしまう)による強い刺激が毛様体筋を酷使し、ピント調節機能が弱る
  • 加齢に伴い目の様々なパーツが老化し、ピントを合わせる機能が衰える

などが挙げられます。

加齢に伴う視力低下は誰もが知るところですが、最近は小さい子供の近視や若い人のブルーライトによる視力低下が問題視されています。

私は恥ずかしながら中学の時に寝る前に漫画を読んでいて目を悪くしてしまったのですが、最近は小さな子供もたくさんメガネっ子がいて驚きます。

目の悩みを抱える人は昔より格段に増えているんですね。

さて、そんな悩みにルテインがどう応えてくれるのかというと。

ルテインを摂取することにより、ブルーライトの強い光の乱反射を吸収し遮断してくれます。

それにより、目のコントラストを感じる力が回復し、かすみやぼやけを改善します。

 

またルテインは目の黄斑部と水晶体に存在するのですが、ルテインが豊富にあることで黄斑部や水晶体を外の強い光刺激から守ってくれるのです。

特に黄斑部にルテインが豊富にあると、視細胞が酸化するのを抑制し、老化や衰えを防ぐので眼球の若さを保ってくれます。

ルテインは光で無くなる成分で、体内で生成できない成分なので、年齢に関係なくルテインを摂取しておけば眼の筋肉の疲れを防ぐことができますよ。

つまり、ルテインの積極的な摂取により、視力が必ずよくなるかは分かりませんが、少なくとも前述3つの視力低下の原因は防止が可能となります!

目の衰えが進行していく前にルテインを採り始めるのが大事なんですね。

まとめとして

昔の人はテレビもスマホもなく、日中は外で仕事をして自然の優しい光と緑を眺め、夜は日が暮れると早めに就寝したといいます。

でも現代は、テレビやスマホもパソコンも、生活する上でなくてはならないツールになってきています。

時代が変われば、健康維持のための手段も変えていかなければなりませんね。

日頃酷使している目を労わることは将来の自分の体を労わることでもありますから、メラックスeye(アイ)で是非自分の目を大切にしたいものです。

メラックスeye(アイ)の公式HPや詳しい記事はこちらより↓

メラックスeye(アイ)の口コミ評判や副作用は?価格や最安値での購入方法をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です